インプラント 医療費控除

インプラントは医療控除が受けられます

ご自身、または家族の医療費を年間に10万円以上(総所得が200万円以下の場合はその5%)支払った場合には、一定の額の所得控除を受けることができます。
医療費控除は、所得金額から一定の額を差し引くもので、控除を受けた金額に対する所得税が軽減されます。
歯科の自費診療も含まれており、インプラントもその対象となります。

その他にも、治療のための通院に使った通院費も医療費控除の対象になります。
通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにし、金額も記録しておきましょう。
電車やバスなど公共の交通機関などを利用した場合の費用は通院費として認められますが、自家用車による通院のガソリン代や駐車場の料金は含まれません。

治療にかかった領収書や診察券は医療費控除を受けるための確定申告に必要になりますので大切に保管しておきましょう。


申告の対象をチェック申告の対象となる条件



・納税者が、ご自身または生計を一緒にしている配偶者やその他親族の方の医療費
・その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費
これらの医療費は、過去5年間までさかのぼっての申告することができます。

詳しくは、区役所、市役所、税務署などでお問合せ下さい。


申告の対象をチェック医療費控除の算出方法】


インプラント治療の医療費控除額の算出方法


申告の対象をチェック医療費控除の手続き


医療費控除を受けるための申告は、地域の税務署へ直接申告書を提出するか、郵送、またはインターネットでも可能です。
申告の際は、以下のものを用意しましょう。

インプラント治療費を医療費控除するための申告書類


※インターネットでの申告は添付書類の提出が不要ですが、事前準備として電子証明書の取得や開始届出書の提出(送信)などが必要です。


【確定申告書】と【医療費の明細書】は最寄りの税務署でもらえます。
または下記からダウンロードすることも可能です。

<確定申告書をダウンロード>
<医療費の明細書をダウンロード>

>>>インターネットで申告をするには

 

サイトマップ