インプラント 一回法 二回法

インプラント治療には一回法と二回法があります

インプラント治療には、一回法と二回法があります。
違いは単純に手術を一回するか、二回するかの違いです。

アバットメント(人工歯とインプラント連結部分)を一回の手術で取り付けるのが一回法で、二回目の手術で取り付けるのが二回法です。
そもそも使用するアバットメントが異なります。

一回法で使用するアバットメントはインプラント体と一体型のワンピースタイプで二回法で使用するアバットメントはインプラント体とアバットメントが別々のセパレートタイプを使います。


二回法手術をチェック二回法手術



歯肉を切開し、医療用ドリルでインプラントを埋入する穴を作り、インプラントを埋入します。
インプラントは顎の骨の中に完全に埋入し、その上に歯肉を被せて縫合します。

その後、インプラントと顎の骨が結合するまで治癒期間として約3ヵ月〜6ヵ月待ちます。

インプラント治療 二回法一回目

インプラントが顎の骨と結合したら、二回目の手術を行います。
二回目の手術では縫合した歯肉を再度切開し、インプラント体にアバットメントを連結させます。
そして人工歯をアバットメントにセットし完成です。

インプラント治療 二回法二回目

このように、インプラント体を顎の骨に埋め込んだ状態で治癒期間を経てから、アバットメントを取り付けるのが二回法です。



一回法手術をチェック一回法手術


歯肉を切開して、その下の顎の骨にインプラントを埋入します。
このとき、インプラントは、アバットメントと一体型のワンピースタイプを使います。
アバットメントは、人工歯の装着部を歯肉の上に露出させておきます。

この状態で顎の骨とインプラントが結合するのを待って、二回法の時よりも早めに人工歯をアバットメントにセットして完成です。

インプラント治療 一回法




一回法と二回法の違いをチェック一回法と二回法の違い


【二回法のメリットとデメリット】

・メリット
殆どすべてのケースで行える。
歯肉を閉じて縫合して治癒期間を待つため、感染の可能性が低い。

・デメリット
歯肉の切開を二回行うため、一回法より患者様への負担が大きい。
治療期間が一回法より長くかかる。


【一回法のメリットとデメリット】

・メリット
歯肉の切開が一回で済むので、患者様への負担が軽い。
治療期間が短い。

・デメリット
インプラントを埋入する顎の骨がしっかりとあり丈夫であること。
骨移植再生療法を併用する場合、二回法より感染のリスクが高い。



 

サイトマップ